バッハ: ゴールトベルク変奏曲

J. S. Bach / Goldberg Variationen

Clavier Ubung bestehend in einer ARIA mit verschiedenen Veraenderungen vors Clavicimbal mit 2 Manualen

多くのピアニストがこの曲を演奏会でひくことが多いですが、mit 2 Manualen とある通り、2段鍵盤のクラヴィチェンバロでの演奏を前提に作曲されていて、この動画のようにチェンバロでの演奏はバッハの意図していた音色に近いと言えます。

ピアノと違ってペダルもなく、強弱を表せませんし、そのなかでリズム感やアーティキュレーションを感じさせないといけないこと。
恐らく強拍は打鍵の微妙なタイミングで表してるのではないでしょか。
ピアニストが突然チェンバロを弾いて出来るものではなく尊敬しかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました