Domenico da Piacenza : La Gelosia :

La Gelosia
イタリア、ルネサンス時代のダンス


この演奏を観ていて気がつくのは鈴あり・鈴なしとどちらのタンバリンでも叩く位置で低い音、高い音、そして強弱を操り今で言うドラムセットのような使い方には感嘆しかない。

実際のダンス



両方の動画で同じ振付なのでステップを書き記した文献が残ってるのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました